乾燥肌を改善!?肌を潤すライスパワー®No.11って?

お米のとぎ汁や、米ぬか風呂が乾燥肌に良いと聞いたことありませんか?

実は、毎日私たちが食べているお米は、お肌にとって、素晴らしい可能性を秘めている穀物なのです。

そんなお米の可能性に注目し、乾燥肌にお悩みの方のためにライスパワーエキスが作られました。

今回は、近年話題の潤い成分ライスパワーエキスについてご紹介したいと思います。

ライスパワーエキスとは

ライスパワーエキスは、160年以上もの歴史を持つ勇心酒造が、90日間の長い月日をかけて独自の技術でお米から抽出し、熟成させたエキスです。

多くのアミノ酸や、豊富なペプチドを含んでおり、皮膚や胃などの機能を改善、健全化してくれる効果を持っています。

ライスパワーエキスは、様々な機能を持っており、数種類に分類されます。

その中でもライスパワー®No.11は保湿機能に特化しており、肌が水分を保つ力を改善する「水分保持能改善」効果が認められています。

話題のライスパワー®No.11の効果とは

まず、私たちの肌には、肌の角質層に存在する細胞間脂質(セラミド)、天然保湿因子NMF、肌表面を覆っている皮脂膜という3つの保湿成分が備わっています。

その中でも、細胞間脂質(セラミド)は肌の水分量の80%も保持している重要な保湿成分です。この細胞間脂質(セラミド)が不足してしまうと、私たちの肌は水分を保持できなくなり、乾燥肌になってしまうのです。

そこで、不足した細胞間脂質(セラミド)を補ってくれるのが、ライスパワー®No.11です。

ライスパワー®No.11は、この細胞間脂質(セラミド)を肌内側から作り出すことで潤いを保持し、肌のバリア機能を改善します。

またライスパワー®No.11が注目されている点は、一時的に肌を潤す「保湿」とは異なり、肌の内側からセラミドを作り出すことができるため、肌が持つ水分保持機能を改善できるという点です。

つまり、ただの保湿成分ではなく、肌の機能も改善してくれる保湿成分なのです。

ライスパワー®No.11が配合されているオススメ化粧品

「ライースリペア」

商品名にもライスの文字が入っているように、ライスパワー®No.11が高配合された化粧品です。※ライースとは、根源の意味だそうです。

ライスパワー®No.11を配合しているだけあって、表面だけの保湿だけではなく、肌の保湿機能を根本から改善してくれます。

有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)
その他の成分:水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸

引用:https://www.ricepowershop.jp/products/raizrepair/lotion.html

※成分(ライースリペア インナーモイスチュアローション No.11)

ライスパワー®No.11で乾燥肌を根本から改善しましょう!

タグ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする