乾燥肌を改善する乳液の選び方!

 

一般的に乳液は、化粧水をつけた後に水分を維持するために使用することが多いです。

また、保湿成分入りの乳液は、肌に保湿成分を浸透させる役割も果しています。

今回は、そんな乳液の特性と、乾燥肌の改善に適した乳液をご紹介したいと思います。

 

 

肌の乾燥はなぜ起こる?

私たちの肌には、角質層に存在する細胞間脂質(セラミド)や、天然保湿因子NMF、また肌を覆って水分の蒸発を防ぎ、外部からの刺激から肌を守ってくれる皮脂などの保湿成分が存在しています。

これらの保湿成分が様々な原因によって失われ、角質層の水分量が減少してしまうことで、肌の乾燥が起こるのです。そのため、乾燥肌の改善には、これらの保湿成分を補うことが大切です。

 

 

乳液は油分を補うのに適している!

乳液は水分と油分がバランスよく配合された美容液です。

油分が配合されているため、水分の蒸発を防ぎ、また外部からの刺激から守ってくれるなど皮脂と同じ役割を果してくれます。

また、油性の美容成分を肌内部まで浸透させる効果もあります。

乳液は、保湿クリームより油分が少ないため、さっぱりとした印象がりますが、油分を補う、美容成分を肌内部まで浸透させるという点において、保湿クリームや油分を含んだ美容液と同じ効果を持っています。

 

 

乾燥肌の改善にはセラミド配合の乳液が良い!

肌の保湿成分の細胞間脂質(セラミド)は、角質層の水分量の80%を保持してくれる重要な保湿成分です。

そのため、乾燥肌の改善において、セラミドを肌に補うことが重要になります。その点において乳液は、セラミドを肌に浸透させることに適した美容液といえます。

油分を含んでいる乳液は、油性のセラミドと相性が良く、肌内部までしっかりとセラミド成分を浸透させることが出来るのです。

 

 

セラミドの中でもヒト型セラミドがオススメ!

数あるセラミドの種類の中でも、乾燥肌の改善にオススメなのが、ヒト型セラミドを配合した乳液です。

ヒト型セラミドは、角質層に備わっているセラミドと同じ構造をしているため、肌に浸透しやすく、高い保湿力があります。

化粧品や美容液に配合されている場合は、セラミド-1やセラミド-2など、セラミドの後ろに数字が表記されています。

 

・セラミド1

外部から肌を守るバリア機能を持ち、細胞間脂質の間を補完する効果があります。

 

・セラミド2

肌にもっとも多く含まれるセラミドの種類で、高い保湿力を持ちます。

 

・セラミド3

セラミド2と同じく高い保湿力を持つセラミドです。

 

 

 

セラミドは、肌の保湿において、とても重要な保湿成分です。

このセラミドが不足しないよう、しっかりとセラミドを補って、乾燥肌の改善に努めましょう!