乾燥肌を改善する化粧水の選び方!

乾燥肌を改善するには、洗顔やクレンジング後のスキンケアがかかせません。

そんなスキンケアにおいて、化粧水は、洗顔やクレンジングで流れ落ちた保湿成分を補ってくれる大切な化粧品です。

現在、様々な化粧水が販売されており、商品によって、含まれる成分が異なります。

そこで今回は、数ある化粧水の成分の中でも、乾燥肌の改善に適した化粧水の成分をご紹介したいと思います。

乾燥肌の改善にオススメの化粧水成分

・ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの保湿力を持つと言われている成分です。

コラーゲン、エラスチンも水分の吸着性や、包括性に優れており、乾燥肌の改善にオススメの化粧水成分です。

・グリセリン

グリセリンは植物油から採れる無色透明の液体で、様々な化粧品に含まれています。

グリセリンは保湿力が高く、肌を柔軟にしてくれる作用があります。

・天然保湿因子NMFの成分

天然保湿因子NMFは、私達の肌に存在している、肌の潤いを保つ保湿成分の一つです。

この天然保湿因子NMFの構成成分を補うことで、肌の保湿力が高まります。

天然保湿因子NMFの構成成分は、アミノ酸、ピロリドンカルボン酸、乳酸ナトリウム、尿素などが挙げられます。

・ライスパワーNo.11エキス、ユーカリ抽出液

ライスパワーNo.11エキスやユーカリ抽出液は、肌の保湿成分である細胞間脂質のセラミドを増加させる効果があります。

セラミドは保湿成分の中でも、肌の水分量の80%を保持してくれる大切な保湿成分です。

そのため、セラミド成分の増加は、肌の保湿力の向上に繋がります。

しかし、セラミドは水溶性ではないため、水溶性の化粧水からセラミドを補うよりも、乳液やクリームなどの油性の美容液から補った方が、効率的に肌の保湿力を高めることができます。

このように、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、グリセリン、天然保湿因子NMFの成分(アミノ酸、ピロリドンカルボン酸、乳酸ナトリウム、尿素など), ライスパワーNo.11エキス、ユーカリ抽出液などの保湿成分を含む化粧水を選び、しっかりとお肌に保湿成分を浸透さて、スキンケアから乾燥肌の改善に努めましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする