お肌の救世主!美肌菌って何?|お肌ケア

今、美容業界では「美肌菌」という菌が話題になっています。

この菌は、もともと私たちの肌に存在し、お肌のケアを手助けしてくれる救世主なのです。

今回は、この「美肌菌」について調べてみました。

 

美肌菌の正体は表皮ブドウ球菌

私たちの肌には『皮膚常在菌』と呼ばれる数百種類の菌が存在しています。

この『皮膚常在菌』の中には、ニキビの原因となるアクネ菌や、痒みや炎症を引き起こす黄色ブドウ球菌など、

肌に害を及ぼす菌も存在していますが、お肌に良い影響を及ぼす「善玉菌」も存在しています。

この「善玉菌」の代表的存在が表皮ブドウ球菌にあたり、「美肌菌」の正体なのです。

表皮ブドウ球菌といえば、肌の潤いを保つために重要な保湿因子の一つでしたよね。

潤いのある肌って、どんな肌?|お肌の基礎知識

表皮ブドウ球菌の働きは?

表皮ブドウ球菌は私たちの肌から分泌される皮脂を脂肪酸とグリセリンに分解してくれます。

この表皮ブドウ球菌に分解された脂肪酸と、汗に含まれるアミノ酸によって、肌の表面は弱酸性を保つことができ、

雑菌や黄色ブドウ球菌などの細菌の繁殖を防いだり、活性酸素を除去することができるのです。

また、表皮ブドウ球菌によって分解されたグリセリンは、角質細胞にあるアクアポリンという水路に水分と共に供給され、

水分の蒸発を防ぎ保湿効果を高めてくれます。

 

このように美肌菌は、細菌による肌荒れや活性酸素による老化を防いでくれたり、

肌の保湿機能を高めたりと、美肌を目指すうえで、とても重要な存在なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です