肌のくすみって何?|お肌の基礎知識

お肌の状態をあらわす表現で、「肌のくすみ」という言葉をよく聞きませんか?

一体、肌がくすんでいる状態とはどの様な状態で、肌に何が起こっているのでしょうか?

今回は、そんな「肌のくすみ」についてまとめてみました。

 

肌がくすむとは?

お肌が暗く見えたり、疲れているように見えたり、肌が黄色っぽく見えたり・・・

このようにお肌の色が何かの影響で変化している状態を、肌がくすんでいる状態とよびます。

肌のくすみには幾つかタイプがあります。

 

メラニンによるくすみ

私たちは、紫外線によって、日焼けや炎症などのダメージを受ける際に、自身の肌を守るためにメラニンという物質を大量に生成します。

メラニンは紫外線などの刺激を受けるとメラノサイトという物質によって生成され、表皮細胞でバリアーとなって紫外線から肌細胞を守ってくれます。

通常、生成されたメラニンはターンオーバーによって排出されるのですが、紫外線を受け過剰にメラニンが生成されたり、ターンオーバーが乱れていると、肌に蓄積されしまいます。

もともとこのメラニンは肌や毛髪、瞳の色を作る色素で、黒あるいは褐色のユウメラニンと、肌色メラニン(フェオメラニン)に分けることができ、一般的には黒、褐色のユウメラニンを指します。

そして、このメラニンの量が多ければ多いほど、肌は黒く見えるのです。

つまり、紫外線を受けて大量に生成されたメラニンが肌に蓄積されることで、肌の色が暗くなり、くすみやシミの原因となります。

 

乾燥によるくすみ

肌が乾燥すると、角質層の水分や皮脂の分泌量が不足し、肌が潤いを増やすために、角質細胞の増殖を始めます。

また、角質細胞はケラチン質という蛋白質で生成されており、この蛋白質は水分が減少すると硬くなります。

このように角質層の水分が不足すると、角質細胞は硬くなり、増殖した角質細胞で角質は厚みを増すため、肌がごわつき、キメも粗くなってしまいます。

キメの粗い肌は光を乱反射してしまい、光が十分に透過しないため、乾燥した肌はグレーがかった「くすんだ肌」に見えるのです。

また、乾燥した肌は角質がめくれてしまい、紫外線のダメージを受けやすくなってしまうため、メラニンによるくすみも発生してしまいます。

 

血行不良によるくすみ

肌の色は血色の影響を大きく受けています。

血色とは、真皮の中にたくさんある毛細血管を流れる血液が透けて見える色のことを指し、ほんのり赤みがあります。

血行がよければ血流が増えて血色が良くなり、肌が明るく見えます。

逆に血行が悪いと肌が青白くみえたり、暗く見え、これが「血行不良によるくすみ」になります。

血行不良によるくすみは、「不健康」や「疲労」といった印象を与えます。

 

黄色いくすみ

真皮が変色することで肌が黄色っぽくなることを「黄くすみ」といい、「黄くすみ」の原因は大きく分けて2つあります。

 

「黄くすみ」の原因①:糖化

糖化とは、血液中の余分な糖分が体内のタンパク質と結びつき体温で熱せられることで、

コラーゲン、ケラチンなどのタンパク質が劣化して、黄色や茶褐色に変色してしまう現象です。

このように、体内のタンパク質が糖化した物質を「糖化生成物」(AGEs)と呼びます。

この「糖化生成物」(AGEs)が肌に蓄積されることによって「黄くすみ」が起こるのです。

余談ですが、パンを加熱すると茶褐色に焦げますよね?

あれはパンに含まれる糖質とたんぱく質が結びつき、加熱されることで糖化が起こり、茶褐色に変色してしまうのです。

つまり糖化によってパンが焦げるように、「黄くすみ」は肌が焦げている状態と言っても過言ではありません。

この糖化によってコラーゲンが劣化することで、真皮の弾力繊維が破壊され、さらに「糖化生成物」(AGEs)が蓄積されることでタンパク質同士が固まり、肌のハリが失われていきます。

つまり、肌の老化が促進されていくのです。

またAGEsは、血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞を発症したり、骨に蓄積すると骨粗しょう症になったりと、肌だけでなく体全体の健康に影響を及ぼします。

実は、このAGEsは血糖値によって体内への蓄積具合が変化します。

通常、糖分とタンパク質が結びついても、初期の段階で血糖値が低ければ、タンパク質は正常なタンパク質に戻ることができます。

しかし、濃度の高い血糖値に長い間さらされると、「糖化生成物」(AGEs)に変化してしまい、加齢と共に分解されにくくなるのです。

 

「黄くすみ」の原因②:カルボニル化

血液中の余分な糖分とタンパク質が結びつくことで起こる糖化に対し、

カルボニル化は、酸化した脂質の分解物がタンパク質と結びつき、糖化同様タンパク質を黄色に変色させてしまう現象です。

このカルボニル化によって、劣化したタンパク質を「脂質過酸化生成物」(ACEs)と呼び、

「脂質過酸化生成物」(ACEs)は「糖化生成物」(AGEs)に比べ肌の黄色化や、毒性が強いといわれています。

カルボニル化は資生堂が発見した黄くすみのメカニズムで、紫外線を浴びたことによる脂質の過酸化反応や、質の悪い油を摂取することが原因で起こるといわれています。

 

汚れによるくすみ

毛穴に詰まった皮脂や汚れなどが酸化することで黒く変色し、肌に蓄積されていくことで顔色が暗くなり、くすんで見えます。

また、ターンオーバーが正常に行われていない肌は、古くなった角質に汚れが付着して残ってしまい、その汚れが酸化することでくすみの原因になります。

 

化粧品によるくすみ

古い化粧品などを使用し続けると、「油やけ」「化粧やけ」と呼ばれるくすみが発生することがあります。

これは、古い化粧品を使用し続けることで、繁殖した細菌が毛穴に入って肌が炎症を起こし、

その炎症によってメラニンが大量に生成されることで発生するくすみです。

 

このように肌のくすみには多くの種類と原因があることが分かりました。

一つ一つのくすみについて、しっかりと知識を持ち、対策を行うことが美肌への第一歩ですね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です