乾燥した肌って、どんな肌?|お肌の基礎知識

乾燥は美肌の大敵とよく言われていますよね。

では、肌が乾燥してしまうと何が起きて、肌にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

 

肌が乾燥するとは?

肌が乾燥している状態とは、皮脂の分泌量の低下や細胞間脂質などの減少、経皮水分喪失などにより、角質層の水分量が20%以下になった状態を指し、そのような肌を乾燥肌と呼びます。

肌の角質層の一つ一つは一定の水分量によって細胞をしっかり結合させています。この水分量が不足して乾燥してしまうと、角質の結合性は低下してしまうのです。

乾燥肌になると肌がカサカサしたり、白い粉をふいたりしますよね。

これは、水分や細胞間脂質の減少により角質層の結合力が弱くなってしまった為に起こる現象です。

健康の皮膚は、角質細胞が同じ形や大きさを保ち、しっかりと肌のキメを構成してくれています。

しかし、水分や細胞間脂質の減少により、角質層の結合力が弱くなってしまってしまった肌は、角質細胞の形がいびつになりが、肌のキメが粗くなってしまいます。

そのため、肌がスカスカの状態(隙間だらけ)になったり、スカスカの部分が破れてしまうため肌がカサカサしてしまうのです。

また、肌が乾燥したときに肌表面にあらわれる白い粉は鱗屑(りんせつ)といい、これは角質層の結合力が弱くなってしまったために肌表面に浮き上がってしまった角質細胞なのです。

 

肌が乾燥する原因は?

では、一体なぜ乾燥肌の原因である皮脂の分泌量の低下や、細胞間脂質の減少が起こってしまうのでしょうか?

 

原因1:湿度

私たちの体からは常に目に見えない水蒸気が蒸発していて、肌の水分が失われており、これを経皮水分喪失といいます。

この経皮水分喪失は温度が高く、湿度が低い程多くなります。

湿度が低い=空気中に含まれる水分が少ないため、肌から水分が蒸発しやすいのです。

余談ですが、湿度が高い時って暑いと感じませんか?

私たちは汗をかくことで、汗が蒸発する際の気化熱により体温を下げています。

しかし、湿度が高い=空気中に含まれる水分が多いため、なかなか汗が蒸発せず、体温を下げることができません。

そのため、湿度が高い時、私たちは暑く感じてしまうのです。

さて、話は戻りますが、一般的には湿度が50%を切ると経皮水分喪失が多い状態となります。お肌に最適な湿度は65%~75%なので、最低でも湿度60%はキープしたいですね。

 

原因2:水分過多

実は角質層は潤い過ぎてしまう(水和状態)と、角質細胞間の距離が拡大されるため、水分が逃げやすい状態になってしまうのです。

また、入浴や洗顔時には、皮脂や角質層の保湿因子が流れ出てしまいます。

皮脂や保湿因子が流れ出てしまったことで十分な保湿機能を失った角質層が外気に触れると、角質層の水分が蒸発してしまうため、肌の乾燥が起こりやすくなります。

さらに、角質層が水和すると角質細胞が水分で膨張し、ふやけてしまいます。

ふやけた角質は通常よりも柔らかくもろい状態になっているので、めくれやすくなり、めくれた角質層から水分が蒸発してしまうため、乾燥が起こります。

 

原因3:睡眠

肌の保湿因子で最も重要な役割を担っているのは、細胞間脂質です。

角質層に含まれる水分のうち約80%が、この細胞間脂質によって保湿されています。

細胞間脂質は肌のターンオーバーの過程で生成されるため、

充分な細胞間脂質が生成されるためには、ターンオーバーの周期がしっかりと整っていなければなりません。

そして、このターンオーバーの周期を整える重要な因子が成長ホルモンの分泌です。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、睡眠不足に陥ると成長ホルモンも分泌されません。

そのため、肌のターンオーバーが乱れてしまい、細胞間脂質が十分に生成されず、角質層の保湿因子が減少してしまうことで肌の乾燥が起こります。

 

原因4:加齢

私たちは、加齢と共に汗や皮脂の分泌量が減少していきます。

そのため、汗や皮脂から生成されている皮脂膜が十分に生成されません。

皮脂膜とは、私たちの肌表面を覆っている天然の保護クリームで、肌内部の水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激や細菌などの侵入を防いでくれます。

つまり、加齢によって皮脂膜が上手く生成されず、肌内部の水分の蒸発を防ぐことができないため、肌の乾燥や肌荒れが起こります。

また、加齢と共に乱れるのは汗や皮脂の分泌量だけではなく、ターンオーバーの周期も遅くなってしまうのです。

このターンオーバーの乱れによって、細胞間脂質などの保湿因子が十分に生成されず、減少していきます。

そして、角質層内に水分を保持することが出来ず、肌の乾燥が起こります。

 

肌が乾燥するとどうなるの?

では一体、肌が乾燥するとどのような症状が起こってしまうのでしょうか?

 

肌荒れ

肌のキメが粗くなり、スカスカの状態かつ皮脂膜の減少によりバリア機能も低下しているので、

紫外線・ウイルス・細菌がなどが侵入しやすくなり、肌が炎症を起こしてしまいます。

 

かさつき

角質細胞はケラチン質という蛋白質で生成されています。この蛋白質は水分が減少すると硬くなってしまうため、乾燥すると肌が硬くなり、かさついてしまいます。

また、肌が乾燥すると角質層がスカスカの状態になり、肌のめくれた部分が多くなるのも、かさつきを感じる原因の一つです。

 

ニキビ

ニキビの原因は毛穴に皮脂がつまってしまうことによって起こります。

水分が減少した角質細胞は硬くなり、毛穴のフタをして毛穴を細く弱くしてしまいます。

そのため、皮脂がつまりやすくなりニキビが出来てしまうのです。

 

痒み/痛み

角質層のバリア機能が無くなってしまったことで、肌が敏感になって、外からの刺激を受けやすくなってしまいます。

そのため、その刺激が痛みや痒みとして感じやすくなっています。

また、ターンオーバーの乱れにより保湿因子が減少し、外部のアレルゲンを受け付けやすくなっているため、そのアレルゲンが肌に付着することで痒みが発生してしまいます。

 

外見

角質層の水分量が減り、キメが粗くなってしまうことで、肌の光の反射が悪くなります。

そのため、肌に透明感がなくなり、くすんで見えることで外見が老けて見えてしまいます。

また、鱗屑(りんせつ)という白い粉をふいてしまうこともあります。

 

乾燥しわ

角質層の水分や皮脂の分泌量が不足すると、肌が潤いを増やすために、角質細胞の増殖を始めます。

そして、水分の減少によって硬くなり、増殖によって厚みを増した角質層のキメが粗くなり、スカスカになって出来る隙間が、乾燥ジワです。

この乾燥じわはとても細かいのですが、数が増えると、それぞれが結びついて太くなり、目立ち始めるのです。

 

以上のことから、乾燥は美肌にとって死活問題ということが分かりました。

冬には加湿器を置いたり、入浴後は保湿クリームを塗ったり、睡眠をしっかりとるなどして、

乾燥対策を心がけることが美肌への第一歩ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です